厄年を迎える方の厄除財布

厄除け開運カレンダー


TOP→厄除け開運カレンダー

厄除け財布は、
縁起の良い日に購入しましょう!

◆財布屋提供◆

開運の財布
★開運カレンダー★


厄除け財布を購入するなら、
財布屋

七福財布


[開運日解説]
◆大安
(たいあん・だいあん)
「大いに安し」の意味です。
六曜の中で最も吉の日とされています。
何事においても吉、成功しないことはない日とされています。
特に婚礼は大安の日に行われることが多いほか、自動車の登録日や納車日、建物の基礎工事着工日や引渡日をこの日にするという人も少なくありません。
また、内閣組閣も大安の日を選んで行われるそうです。

☆大安に行うと良いとされている事
・何事においても吉
・結婚
・自動車の登録日や納車日
・建物の基礎工事着工日や引渡日
etc.

◆一粒万倍日
(いちりゅうまんばいび・いちりゅうまんばいにち)
大安と並んで縁起が良いとされる吉日です。
物事を始めるのに、最適な日とされています。

☆一粒万倍日に行うと良いとされている事
・開業
・仕事始め
・種まき
・お金の支出に関する事
・結婚
・祝い事
・銀行口座の開設
・宝くじの購入
etc.

◆天赦日
(てんしゃび・てんしゃにち)
年に5〜6回しかない貴重な日です。
日本の暦の上で最上の吉日と言われています。

☆天赦日に行うと良いとされている事
・結婚・結納・入籍・慶事
・プロポーズ・告白
・出生届
・引っ越し
・財布の新調
・今までに躊躇していた事を始める
etc.

◆巳の日
(みのひ)
芸術や財運を司る弁財天という神様にご縁がある日です。
金運に最も効果があると言われている日です。

☆巳の日に行うと良いとされている事
・弁財天様へお願い事をする
・弁財天様や白蛇様を祀っている神社へのお参り
・財布の新調
・宝くじの購入
etc.

◆己巳の日
(つちのとみのひ)
己巳の日は、巳の日よりも更に吉日と言われています。
己巳の日は60日に一度巡ってくる貴重な日です。
巳の日の中でも特に弁才天様とご縁の深い日とされ、縁起の良い日とされています。
己巳の日は金運アップのパワーが強くなります。

☆己巳の日に行うと良いとされている事
・金運や財運にまつわる願い事を弁財天様にする
・弁財天様や白蛇様を祀っている神社へのお参り
・財布の新調
・宝くじの購入
・購入した財布を使い始める
etc.

■寅の日
(とらのひ)
虎は「千里行って千里戻る」ということから、この日は旅立ちに良いとされます。
そして、「お金を使っても戻ってきてくれる」という意味があります。
虎の縞模様は、金運の象徴と言われていますから、お財布を買う、お財布を使い始める、金運を上げるには大変効果があります。

☆寅の日に行うと良いとされている事
・お財布を買う
・お財布を使い始める
etc.
★結婚、葬儀は不向きな日

◆満月
(まんげつ)
満月=別名 望月(もちづき)
満月とは、欠けておらず、全面が輝いてまん丸に見える状態の月の事である。
月と太陽の距離がもっとも離れた時に、満月になる。

☆満月の日に行うと良いとされている事
・月光浴
・お財布をフリフリする
・満月水を作る
etc.

◆新月
(しんげつ)
新月の日=別名 朔(さく)
新月の日というのは、月がまったく見えなくなる日の事であり、毎月やってきます。
月の満ち欠けのリズムに合わせて、約29日に一度、新しく月が生まれる日である。
風水で新月は、始まりの運気を持つ特別な日とされています。

☆新月の日に行うと良いとされている事
・目標を立てる
・願い事を書き出す
・金運祈願
etc.


TOPページに戻る

Copyright (C) 2020 厄年を迎える方の厄除財布 All Rights Reserved.